バンフから車で20分!キャンモアの洞窟探検ツアーが予想以上だった

こんにちは、ふるかわゆき(@RanpySnow)です。

今回はキャンモアにある洞窟探検ツアー(Canmore Cave Tours)が予想以上にハードかつ楽しめるものだったので、ご紹介いたします。

■ツアー参加をおすすめできない人
・狭いところが苦手な人
・暗いところが苦手な人
・高いところが苦手な人

ツアー参加前の準備

必要な装備品は全て借りることができます。

■貸し出してくれる装備品
・つなぎ
・ライト付きヘルメット
・防水ザック
・ハーネス
・フック付きロープ
・膝あて
■自身で準備するもの
・動きやすく、汚れても大丈夫な服装
・靴の底が滑りにくい運動靴もしくはハイキングシューズ
・ポケットに入るサイズのおかしや栄養補助食品

※クリフバーという栄養補助食品はオフィスでもらえました。

6時間コースのアドベンチャーツアーの流れ

・Canmore Cave Tours office集合.

・洞窟のある山の駐車場に移動

・洞窟の入り口まで30分ほどハイキング

・入り口で装備品の装着、持ち物の確認

・いよいよ洞窟探検ツアー開始!

・ツアー終了後、下山

・そのまま駐車場で解散

実際に洞窟の中にいるのは、4時間ほどで、前後一時間弱は準備や移動時間となります。

洞窟探検ツアー開始

今回は私と友人2人と別の女性2人組で計5人の参加者でした。

ガイドさんは男性で他全員女性というグループ構成になりました。

洞窟の入り口に行くにはまずロープを使って岩を登ります。

私はハイキングシューズを履いていましたが岩の表面がつるつるで結構滑りました。

洞窟の入り口に到着していよいよツアースタートです。

洞窟の中にはザック類を持ち込めないため、ポケットにスマホや栄養補助食品を入れておきます。

貴重品類はザックに入れておいて、入り口に括り付けておきます。

洞窟の入り口は施錠するので、ツアー中に外から人が出入りすることはありません。

スマホやカメラは持ち込んでも良いものの、壊れたりした場合は自己責任になるので注意が必要です。

私のスマホは大きめなので洞窟内には持って行きませんでした。

なので洞窟内の写真はCanmore Cave Toursさんのインスタより引用させてもらいました。

ふるかわゆき
序盤からロープにつかまりながら背中で岩を滑り降りないといけないポイントがあり、少々この先不安になりました。

洞窟内は立って歩ける道は少なく、かがんで進むかほふく前進でしか進めないような道ばかりで、消防士か自衛隊の訓練みたいだと思いました。

なかなか日常でそんな体験もできないので、この先どんな道が続いているのだろうかと終始ワクワクしていました。

そして中盤、一番の難所がやってきました。

それは約20メートルの高さもある洞窟内の崖をロープで一人ずつ降下するポイントです。

ガイドさんに高さを聴いた時に最初冗談かと思いました。
でも本当でした、、、

崖の下をのぞき込むと地面が見えなくて闇に飲み込まれていく感覚です。

ふるかわゆき
高さ20メートルの崖をロープ一本で降下するなんて今まで経験したことのない恐怖が襲ってきたので、「これは消防士の訓練だ」と自分に言い聞かせながらゆっくり下をみないように岩だけを見つめて下りていきました。

そういった難所もありながらみんなで励まし合って進んでいく探検ツアーでは友情も深め合えると思いました。

一つ私が残念だったことは、ものすごく狭い30~40cmの岩と岩のスキマを10mほど進むと立てるくらいの広い空間が表れるポイントがありましたが、私は途中まで進んであきらめました。

私以外のメンバー4人は「狭い」と言いながらも進んでいったのですが、一般女性より多少ガタイの良い私は「これ以上進んだら帰れなくなる!」という恐怖に駆られて途中であきらめて引き返しました。

ふるかわゆき
この時、初めて狭いところに入る恐怖を感じたほど、岩の圧迫感がすごかったです。

このポイントは一緒に行った男性ガイドさんも入れないくらい狭いポイントだったので、ガイドさんと私はみんなの帰りを岩に座りながら待ちました。

ふるかわゆき
ちょっと悲しかったです、、、

その後に洞窟内にある泉のような場所に行って、何百年もかけて自然が作り出したアートに感動しました。

普段は光が当たらない真っ暗闇の中で、誰かに見られるために作ったわけでもなく、長い年月をかけてできた美しさだからこそ神秘的なものに感じました。


帰りは来た道と少し違った経路で戻ったので最後まで次はどんな道を進むのかと楽しめました。

洞窟探検ツアー後

無事に洞窟の入り口に戻ってくると久々に外の光を浴びた感覚になります。

最後は朝登ってきた岩をロープにつかまりながら滑り降りて無事帰還です!

その後は着替えを済ませて朝登ってきたハイキングコースを下山します。

駐車場に到着するとそのまま解散となります。

ふるかわゆき
ほふく前進なんて普段しないので日常で使わない筋肉を使っていい感じに疲れました。

洞窟探検ツアー6時間コースの参加料金と時間

【料金】$175.00 +税 / $145.00+税(12~15歳) ※年齢制限12歳以上が対象
【時間】6 hours (~4 hours Underground)
【期間】年中
料金は日本円に換算すると約15,000円程度ですが、普段はなかなか体験できないものなので決して高くはないと思いました。

バンフからCanmore Cave Toursオフィスに行くには?

【Canmore Cave Tours Office】
202-129 Bow Meadows Crescent, Canmore, AB

バンフからは車で約20分です。

レンタカーなどの車がない場合、Canmore Cave Toursのオフィスまでは公共のバスを使ってバンフから行くことができます。

その場合はバスの乗り換えの関係もあり1時間弱はかかります。

【バンフからCanmore Cave Toursのオフィスまでの行き方】

【Roam Bus ルート3】 Banff High School Transit Hub→Canmore Collegiate North→徒歩1分 → 乗り換え【Roam Bus ルート5】Canmore Collegiate South→Boulder Crescent→徒歩10分→オフィス到着

オフィスから洞窟入り口の最寄りの駐車場まではツアー会社に予約の際、頼むとタクシーを頼んでくれるそうです。

ただし追加料金が発生するそうです。

まとめ

キャンモアの洞窟探検ツアーは年中できることと、雨の日も楽しめるアクティビティとしておすすめです。

普段、全く運動をしていない方や少し大柄な方にとっては少々きついアクティビティかもしれません。

また、冒頭に説明した「狭いところ」「暗いところ」「高いところ」が苦手な人にもあまりお勧めはできません

「未体験のことをやってみたい!」という好奇心旺盛な人はとても楽しめると思います。

また、トータル6時間も時間を取れないという方は4時間コースのツアーもありますのでそちらもHPよりチェックしてみてください。

Canmore Cave Tours
https://www.canmorecavetours.com/

こちらからこのサイト運営者をサポートできます↓

記事が気に入ったら運営者をサポートできます

ふるかわゆき
コーヒー1杯分からサポートしていただけると今後の記事執筆のモチベーションになります!
もちろんSNSなどのシェアも大歓迎です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です